ミャンマーでの暮らしとビジネス

ミャンマーはビジネスチャンスなのか?

ミャンマーは開かれたビジネスチャンスの国と言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

 

実態はあまりビジネスチャンスとは言えないようです。
実はミャンマーでビジネスを行う場合は外国人はビジネスがしづらく、やりにくいというのが現状のようです。
マスコミなどではミャンマービジネスをあおっていますが、実際に日本人でミャンマーで大儲けという話はあまり聞きません。

 

ミャンマーは確かにここ数年で急激に人の数が増えてはいるのですが、なかなかビジネスの場としてはまだ開かれたとは言えないと実感しています。
ミャンマーの場合は非常に保守的な考え方であり、外国人に対しても排他的な部分があります。

 

もちろん人懐っこい部分もあるのですが、考え方もタイやカンボジアなどと比べても非常に閉鎖的な部分もあります。
実際にミャンマーに住んでて思うことなんですが、どうも外国人嫌いなのかなって感じる部分も多くあります。

 

まだ開かれたばかりで国や国民そのものが追い付いてない様子も感じられます。

 

ビジネスチャンスと言われるミャンマーですが個人的にはまだまだかなという感じは否めません。

 

また、これらはいろんな部分ででてきますたとえばミャンマーのヤンゴンにあるミャンマーの象徴ともいえるシュエダゴンパゴダの入場料はミャンマー人は無料に対して、
外国人は8ドル取られます。
これはカンボジアのアンコールワットなどでも同じなのでまだ納得がいくのですが、 それだけではなくホテル、公園、飛行機の国内線など様々な分野で外国人価格というものが存在します。
今はそれほどかわらなくなりましたが、一時はミャンマーでは外国人の使用する電気料金はミャンマー人の10倍とも言われていました。

 

ちょっとまだまだビジネス進出の場としてはまだまだかなと感じざるを得ません。

 

 

ミャンマーの観光名所について

ミャンマーではヤンゴンだけでもシュエダゴンパゴダをはじめアウンサンマーケットなど様々な観光場所があります。
しかし、これらはおおむね一日で終わってしまいます。
ミャンマーは観光場所がかなり離れていて、グエンサンのビーチ、インレー湖、チャイティオーといった有名な観光名所があるのですが、
一日で移動するにはほぼ不可能です。
飛行機を使わなければならず移動費もかかります。
また、ホテルも非常に高くて、ヤンゴンにおいてはタイの3倍程度します。
これはミャンマーの土地が今後の発展を見込んで値上がりしてるものですが、まだまだこの国のインフラ不足を見るとかなり高すぎと言えます。
しかし、地主は強気でまだまだ価格は上がると見込んでおり、今後も価格は上昇し続けると思われます。
ミャンマーは地理的に今後発展が見込まれると言われているのですが、前述したようにまだまだ保守的な国民性であるために外国人のビジネスに対しては寛容ではありません。
今後発展するとはいえ、この保守的な考え方はミャンマーにとってマイナスとなるでしょう。
ホテルに関しても一時よりは落ち着きましたがまだまだ価格も高く、ホテル側も強気です。
これだけ電力、インターネットなどのインフラが整っていないにも関わらず価格が高い国も珍しいと言えます。
土地が高いために家賃も当然高くなり、ビジネスにおいてもまだまだ進出しにくい部分があると言えます。